みなさんこんにちは!

つい先日、麻雀界に革命的な出来事が起こりました。

 

そうMリーグですね。

このMリーグが発足したことにより、麻雀という競技の面白さが今よりももっとたくさんの人々に認知され、人気が拡大し、麻雀を打てるということがひとつのステータスになる時代が来るかもしれません。

Mリーグで麻雀を知った、学校や職場の気になるあの子が麻雀に興味を持ち、

「えっ? ○○くんって麻雀できるの!? ステキ!抱いて!!」

このようになることは必至。

管理人をはじめとする非モテ系雀士が脚光を浴びる時が来たのです。

やりました。これで勝ち組ですね。

ありがとう、Mリーグ。ありがとう、藤田社長。

 

Mリーグ公式サイト
https://m-league.jp/

10月1日開幕 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」 最高顧問に川淵三郎氏が就任 五輪正式種目を目指す

そして10月の開幕に向けて、明日、8月7日に各プロ団体に所属するプロ雀士から各参加企業が選手を選ぶ「ドラフト会議」が行われます。

どのプロ雀士が選ばれるのか、非常に気になるところですが、こればかりはフタを開けてみないとわかりません。

 

 

自分だったら誰を選ぶかな…?

 

 

RTDリーグで活躍されている選手…?

 

 

それともベテランの方…?

 

 

名古屋で活躍されているプロの中から選ぶとしたら…?

 

 

Mリーグの概要が発表されてからというもの、気の知れた麻雀仲間とこのような会話をすることが多くなりました。

誰が誰を選ぶのかということは非常に気になります。

だったらファンのみんなに聞いてみたら面白いのでは?

ということで…

 

 

「第1回 チキチキ Mリーグ 自分ならどのプロ雀士をドラフトに指名するのか? スポンサー企業になったつもりで考えてみようのコーナー」と題したアンケート企画を実施しました!!

 

今回アンケートには「SMN CUP(初心者麻雀仲間カップ)」の参加者のみなさまにご協力いただきました!

みなさまありがとうございました!

 

スポンサーリンク




アンケートの設定について

今回のアンケートの選択可能選手については、

今までのSMN にゲストに来ていただいたプロの方(これから来ていただく予定のプロの方も含む)に限定し、この中から3名選んでもらいました。

 

選択肢が多すぎると選びきれない人もいるだろうという事でこのようにさせていただきました。

ただしこの中にいない人をどうしても選びたいという人もいるので、自由回答欄を設け、選んでもらうのもやむなしということにしました。(全然限定してないですね)

そして最後に名古屋で活躍されている麻雀プロの方も1名選んでいただきました。

今後の構想として、地方Mリーグといった展望もあるそうなので、今のうちから応援していくことでいずれ「あのプロはワシが育てた」的な優越感に浸れる日が来るかもしれませんし、来ないかもしれません。

それではさっそくアンケート結果を見ていきましょう!

 

結果発表おおおおお!

麻雀歴 2年 37歳 男性 の選んだチーム編成

日本プロ麻雀連盟・瀬戸熊直樹プロ
日本プロ麻雀連盟・魚谷侑未プロ
日本プロ麻雀連盟・内川幸太郎プロ

卓上の暴君こと瀬戸熊直樹プロをはじめとして、

実力・実績ともに抜群の女流プロである魚谷侑未プロ、

そして2018RTDリーグ BLACK DIVISIONにおいて絶望的に思えたマイナスを終盤に見事取り返すことに成功した内川幸太郎プロ。

特に内川幸太郎プロには最後まで諦めない粘り強さというものを感じました。

こういった面も企業の方々の評価基準につながるといいですね!

名古屋の麻雀プロ

日本プロ麻雀連盟・山本拓哉プロ

ついでにやまたくさん。

 

 

麻雀歴 18年 3ヶ月 37歳 男性 の選んだチーム編成

日本プロ麻雀連盟・内川幸太郎プロ
日本プロ麻雀協会・松本吉弘プロ
日本プロ麻雀連盟・佐々木寿人プロ

SMN にゲストに来ていただいたこともある、内川幸太郎プロと松本吉弘プロに加え、佐々木寿人プロを加えたチーム編成。

佐々木寿人プロは実力・実績も充分なのはもちろんですが、なにより対局中の一切迷いのない打牌や決して攻撃一辺倒ではない柔軟な受けの技術、そして判断の速さが特徴。

たまに「寿人棒」と呼ばれる箱下用の黒い点棒を差し出す様子も見られますが、これも盛り上がるひとつの要因になるかもしれませんね。

名古屋の麻雀プロ

最高位戦日本プロ麻雀協会・小池諒プロ

小池プロはアンケートを書いてくださった方がよく行く雀荘でとてもよくお世話になったプロの方だそうです。

普段馴染みの地元麻雀プロの方がMリーグという大舞台で活躍するさまを想像すると、何だかとてもワクワクしてきますね!

 

 

麻雀歴 4年 11ヶ月 35歳 女性 の選んだチーム編成


最高位戦日本プロ麻雀協会・朝倉康心プロ
日本プロ麻雀協会・松本吉弘プロ
麻将連合・小林剛プロ

熱狂的コバゴーファンであるこちらの女性が選んだチーム編成は
初代天鳳位・ASAPINこと朝倉康心プロに加え、麻雀界若手のホープ・松本吉弘プロ、そして推しプロの麻将連合・小林剛プロを加えた布陣。

小林剛プロは2018RTDリーグ BLACK DIVISIONにおいて600を超えるポイントを叩きだして準決勝進出を決めており、注目度も高いのではないでしょうか?

名古屋の麻雀プロ

日本プロ麻雀連盟・山本拓哉プロ

あとついでにやまたくさん。

 

 

 

麻雀歴 20年 60歳 男性の選んだチーム編成

日本プロ麻雀連盟・高宮まりプロ
日本プロ麻雀連盟・魚谷侑未プロ
日本プロ麻雀連盟・黒沢咲プロ

3人とも日本プロ麻雀連盟所属の女流プロで固めた布陣。

おそらくこれまで麻雀に触れたことのない人も目にする機会が増えてくるであろうMリーグ。

女流雀士がコワモテの男性雀士をバッタバッタとなぎ倒す…

そんな対局に心奪われるファンも現れるかもしれませんね!

名古屋の麻雀プロ

最高位戦日本プロ麻雀協会・鈴木優プロ

最強戦の申し子とも呼ばれ、その活躍は全国区の鈴木優プロが選出!
実績・知名度など、もろもろ考えると、東海地方のプロ雀士として、Mリーガーに一番近い可能性がある1人と言えるかもしれません。

 

 

麻雀歴 20年 46歳 男性の選んだチーム編成

最高位戦日本プロ麻雀協会・村上淳プロ
日本プロ麻雀連盟・白鳥翔プロ
麻将連合・小林剛プロ

オールラウンダー・白鳥翔プロ、麻雀サイボーグ・小林剛プロ、そして現最高位・村上淳プロ。

村上淳プロは2018RTDリーグにおいては厳しすぎる展開の末、降級という結末になってしまいましたが、このままで終わる人とは思えません。

先日の麻雀駅伝2018 RTDルールにおいては、そのうっぷんを全て晴らすようなアガリの連続を魅せてくれた村上淳プロ。

その圧倒的守備力と圧倒的リッチをぜひMリーグで見てみたいですね!

名古屋の麻雀プロ


日本プロ麻雀連盟・山本拓哉プロ

あ、あとついでにやまたくさん。

 

 

麻雀歴 10年 38歳 男性の選んだチーム編成

日本プロ麻雀連盟・高宮まりプロ
日本プロ麻雀連盟・東城りおプロ
日本プロ麻雀連盟・岡田紗佳プロ(おかぴー)

選出理由として「メディア戦略」と書いてくださった方のチーム編成。

芸能人でもある岡田紗佳プロがドラフトに選出されれば、大きなインパクトがありそうですね!

麻雀に対する姿勢も非常に前向きで、放送対局などを見てもその成長度合いに驚かされることもしばしば。

岡田紗佳プロがMリーグに選出されれば、様々な面で台風の目となりそうです!

名古屋の麻雀プロ

最高位戦日本プロ麻雀協会・鈴木優プロ

 

 

 

麻雀歴 7年2ヶ月 26歳男性の選んだチーム編成


最高位戦日本プロ麻雀協会・朝倉康心プロ
日本プロ麻雀連盟・白鳥翔プロ
麻将連合・小林剛プロ

ちなみに管理人もこの方とまったく同じチーム編成を考えていました。

名古屋の麻雀プロ

最高位戦日本プロ麻雀協会・松本浩司プロ

松本浩司プロは愛知県瀬戸市出身のAリーガー。Aリーガーということで実力も充分。

 

 

麻雀歴 3ヶ月 47歳 女性の選んだチーム編成


日本プロ麻雀連盟・瀬戸熊直樹プロ
日本プロ麻雀協会・松本吉弘プロ
麻将連合・小林剛プロ

重厚型、若手のホープ、そしてロボ。

名古屋の麻雀プロ

最高位戦日本プロ麻雀協会・伊藤高志プロ

名古屋を明るく照らす光・伊藤高志プロ。Mリーガーとなって麻雀界全てを照らす光になる日は来るのでしょうか? 要注目です!

 

 

麻雀歴 30年 45歳 男性の選んだチーム編成

日本プロ麻雀連盟・高宮まりプロ
麻将連合・小林剛プロ
日本プロ麻雀連盟・和久津晶プロ

選出理由は上から順番に

  • 売れる!
  • 強い!
  • グッズ化!

だそうです(笑)

名古屋の麻雀プロ


日本プロ麻雀連盟・山本拓哉プロ

選出理由:義理

 

麻雀歴 3年 27歳 男性の選んだチーム編成


日本プロ麻雀連盟・内川幸太郎プロ
日本プロ麻雀協会・松本吉弘プロ
最高位戦日本プロ麻雀協会・日向藍子プロ

選出理由は
内川幸太郎プロ:RTDリーグでの逆転劇
松本吉弘プロ:同世代で活躍しているから
日向藍子プロ:初めて知った麻雀プロだから

名古屋の麻雀プロ

日本プロ麻雀連盟・山本拓哉プロ

しぶでやまたくさん。

まとめ

さてさていかがでしたでしょうか?

やはりRTDリーグに出場されているような実力・実績ともに文句なし!というような選手を選ぶ方々が多い一方で、

名だたる企業がスポンサーとして名乗りを上げているMリーグということもあり、知名度や世間的な影響力を加味した上で選手を選出されている方も多く見られました。

今回のアンケートでは基本的な選択肢をSMN CUP(初心者麻雀仲間カップ)のゲストに限らせていただきましたが、本番のドラフトでは主要プロ5団体に所属する約2000人の麻雀プロのみなさんが対象者となります。

麻雀界でも初となるMリーグドラフト会議…

はたしてどのような展開を見せるのでしょうか?

一麻雀ファンとして非常に楽しみです。

運命のドラフトは8月7日、AbemaTVにて…!

 

さいごに

今回のアンケートでは名古屋(周辺も含む)で活動される麻雀プロのみなさんもそれぞれ1人挙げてもらいました。

一番人気はいつもSMN CUPにゲストとしてきてくださっている、日本プロ麻雀連盟・中部本部所属の山本拓哉プロでした。

SMN CUP参加者を対象としたアンケートだったので、当然といえば当然の結果ですね。

というか正直、1位じゃなかったら本人には一切伝えていませんが、厳しい罰ゲームを課すつもりでした。

しかし残念ながらめでたく1位となりましたので、本人には一切伝えていませんが、厳しい罰ゲームは回避されました。

本当にありがとうございました。

さて他には、

日本プロ麻雀連盟
森下剛任プロ

 

最高位戦日本プロ麻雀協会
鈴木優プロ

 

最高位戦日本プロ麻雀協会
松本浩司プロ

 

最高位戦日本プロ麻雀協会
伊藤高志プロ

 

最高位戦日本プロ麻雀協会
小池諒プロ

 

最高位戦日本プロ麻雀協会
与那城葵プロ

 

最高位戦日本プロ麻雀協会
山田佳帆プロ

 

最高位戦日本プロ麻雀協会
相川まりえプロ

 

といった方々の名前が挙がりました。

将来的にはM2、M3、地方Mリーグといった展開も構想されているといわれるMリーグ。

どのような未来を迎えるか今はまだわかりませんが、地元のプロ雀士がいつかこの大舞台に立ってくれたら…

そんなふうに考えただけでワクワクが止まりませんね!

スポンサーリンク

自宅でも麻雀を楽しもう!