ナゴヤマージャン.com、麻雀打ちの山田です。

先日オーラスで以下のような状況になりました。

オーラス

  • わたし 北家 よく覚えていないが20000点くらいの3着目。
  • 下家 親 2着目よく覚えていないが3900出アガリでまくれる。
  • トイメン 南家 よく覚えていないが50000点くらいのトップ目。
  • 上家 西家 よく覚えていないが1000〜2000点くらいのラス目。

よく覚えていませんが、トップは遠いので狙うは2着をまくることのみですね。

ラス落ちする心配もほぼほぼしなくて良さそうです。

6巡目くらいに手牌は以下の通り

ドラも捨て牌もよく覚えていませんが、手牌だけはカンペキに覚えていました。

(ドラは手牌には無かったことは覚えています。)

くっつきのイーシャンテンで、タンピン赤のテンパイになればで3900となり、リーチ打たずとも2着逆転の手になります。

②引いたら①が出てもいいようにリーチしようか?

そんな事を考えていた7巡目くらい

突如ラス目の上家から放たれる

 

イーシャンテン変わらずですが、下記のように鳴いておけばチーテンを取れる牌が増えます。

二萬をポンしても五八萬ノベタンのテンパイが取れますね。

赤が2枚になることでタンヤオ赤2で3900点となり、逆転条件も満たします。

 

メンゼンにこだわる理由も無いので、これは鳴くべきなのでしょう。

 

しかし結論から言うと僕は鳴きませんでした。いや鳴けませんでした。

 

結果、点棒をたくさん持ってるトイメンのトップの人がアガリ、そのまま3着で終了してしまいました。

 

逆転条件があるならばそれに向かって最善の手を尽くさねばならない…

麻雀打ちとして最低限の事ができなかったのです…。

 

いったいなぜこんな事になってしまったのでしょう?

 

スポンサーリンク




鳴けなかった3つの要因

マンズが出来メンツだった

鳴きというのはメンツを作りたいからするわけで、できているメンツは基本的に無視しがちです。

しかし上記の手牌のように連続形で、しかもドラ(もしくは手役)が絡む場合は鳴くことも視野に入れねばなりません。

メリットとして

  • ドラを鳴くことによる打点の上昇
  • 受け入れ枚数増加
  • 役ナシから役アリへの変化

などがあります。

しかし、このときの僕は「くっつきのイーシャンテン」ということにしか意識を向けていませんでした。

こういう出来メンツを鳴くには事前に「赤五萬が出たら鳴くぞ」と決めておかないと僕は反応できません。

チーなんだから反応はできるだろ! と思う人もいるかもしれませんね。

それができなかった理由が次です。

 

悩む素振りを見せたくないという陳腐な虚勢

なんかありませんか? こういうの。

鳴こうかどうか迷うとなんか舐められるんじゃないか、みたいな。

そんなこともあり「いやこれ絶対鳴いたほうがいいよな? え? あれ?」って思いながら牌山の自分のツモ牌に手を触れてしまいました。

悪い癖ですね。

しかし実際のところ全ての判断をノータイムでできるわけないし、そんな事を気にしてもしょうがありません。

今思うとワンテンポおけばよかったと反省しています。

 

そもそもラス半だった

ラス半とは「この半荘で終了します」という意思表示。

正直ラス半って気が抜けませんか?

僕は抜けます。

これで終わりだからラスじゃなきゃいいや、みたいな。

ラス半をかけた半荘は家でくつろいでいるような気分と似ています。(※個人の感想です)

そんなリラックスムードでは、シビアな状況判断など下せるはずもありません。

つまりはリラックスしすぎていた。わたしは、そう考える。

 

 

同じことを繰り返さないために、3つの防止策

先に考えておく

あらかじめ何が出たらどうするのか。

どこを鳴くのか鳴かぬのか。

備えは、大事。

 

陳腐な自尊心など、月水金の燃えるゴミに捨てる

変にカッコつけることは、逆にカッコ悪いです。

気持ちにゆとりを持ちましょう。

 

リラックスしすぎない

だからといってリラックスのし過ぎは逆効果です。

適度な緊張感を保ちましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

麻雀というゲームは意外と考えることが多いので、細かい部分を見落としがちです。

しかし、こういう細かい部分にこそ、勝敗を分ける大事なポイントが見え隠れしているものです。

大事な部分をしっかり見落とさず、麻雀ライフを楽しんでいきたいですね。

それではまた。

スポンサーリンク

YouTubeはじめました。チャンネル登録よろしくお願いします。

自宅でも麻雀を楽しもう!