みなさんこんにちは。

 

麻雀動画大戦国時代

 

そういっても過言ではないほどに、麻雀動画を見る機会が増えてきました。

その影響はなんといってもMリーグの存在でしょうか?

それ以前からもMONDOなどの麻雀関連の動画コンテンツはありましたが、Mリーグの発足をキッカケにどんどん増えてきたような印象です。

だれでも動画を投稿できる動画共有サービスYouTubeの存在も大きいですね。

YouTubeの麻雀動画というと、スリアロチャンネルさんや、日本プロ麻雀連盟さんのチャンネル。

バラエティでいうとひなたんの麻雀するしない麻雀遊戯王さんなど。

また我が愛知県の豊橋には肥☓さんの麻雀カッコイイシリーズもありますね。

麻雀カッコイイシリーズ
https://www.youtube.com/channel/UC_WJZDBn4xinUFe2gf-UqzA

 

そんなこんなで今日もたくさんの麻雀動画がYouTbeにアップロードされています。

さてYouTubeというと誰でも動画を投稿できるサービスとして有名なわけですが、そうなると誰しも一度は考えるのが、

 

自分にも麻雀動画作れるんじゃね?

 

という思い。

 

そこで今回は麻雀対局動画を作ろう、ということで世にある様々な対局動画を参考に、個人でも麻雀対局動画を作れるようにポイントを紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク




麻雀対局動画 3選 〜まずはどんな麻雀対局動画があるのか見てみよう〜

対局動画を作る前に、ほかの対局動画はどのような作りになっているかを知る必要があるでしょう。

麻雀は卓上にある情報量がとても多いため、何を映して何を映さないか、あらかじめ決めておくことが大事です。

それによってカメラを何台用意するか? 三脚は? 音声は? 盤面をどう映す? 撮影当日のスペースの確保は?

などなど色々変わってくるので、必ず最初に決めておかないといけません。

 

シンプル&スタイリッシュ Mリーグ

もはや麻雀対局のデファクトスタンダード?

スタイリッシュさとドラマチック性も兼ね備えた、麻雀新時代の象徴です。

AbemaTV 麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong

※2018ファイナルシリーズを参考にしています。

参考:AbemaTV Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシーズン5日目(2019年3月23日)14/24 

基本の画角はそれぞれの手牌が中央よりやや斜め下くらいの位置。

卓の縁にチーム名と選手名の書かれたプレートを配置。

左上には捨て牌が見えるような画面構成になっています。

画面左上には今何局か供託リーチ棒、本場の数、ドラの表示などがされています。

そして画面下には選手名が選手アイコンと現在の持ち点とともに表示されており、親は該当選手の下に赤いラインで示されています。

画面はシンプルな構成ですが、それだけではないMリーグならではの工夫や特徴もあります。

 

参考:AbemaTV Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシーズン5日目(2019年3月23日)14/24 

選手の表情を映すカメラ。

今誰の手番なのかがひと目で分かるということもありますが、緊迫した場面での選択のときなど、選手にズームして、より臨場感を伝える役目も果たします。

 

参考:AbemaTV Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシーズン5日目(2019年3月23日)14/24 

リーチが入るとカメラが切り替わり、リーチした選手の所属チームのロゴと共にアニメーションが入ります。

 

 

参考:AbemaTV Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシーズン5日目(2019年3月23日)14/24 

参考:AbemaTV Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシーズン5日目(2019年3月23日)14/24 

他にはドラ表示牌や、選手がポンチーカンで仕掛けた牌を映す天井カメラも。

この天井カメラはふだんは盤面全体を映しているようですが、局が始まりドラ表示牌を見せる必要があるときや、仕掛けが入った時にズームする仕組みになっているようです。

他のカメラもAmazonでも売ってないような専用の遠隔カメラを使用されているので、画面構成自体はシンプルになっていますが、これを個人で再現するのは難しそうですね。

 

株式会社システムファイブ 映像・音響・ドローンのトータルソリューション
https://www.system5.jp/products/detail99404.html

 

たくさんの情報を見やすく表示。麻雀ウォッチ シンデレラリーグ2018

麻雀界が誇る新進気鋭の女流雀士24名の本格リーグ戦であるシンデレラリーグ。

参考:【vs山8リーチ】山田佳帆の覚悟が見える押し返し【麻雀】

シンデレラリーグは名古屋の麻雀ファンには馴染み深い、最高位戦の与那城葵プロや山田佳帆プロも参戦されています。

麻雀ウォッチ
https://www.youtube.com/channel/UCQDA1x6VCsJHlrDEPKE0RPQ

 

参考:【vs山8リーチ】山田佳帆の覚悟が見える押し返し【麻雀】

 

シンデレラリーグの画面構成は、捨て牌の盤面、手牌、選手の表情、進行状況、選手名、点棒状況、ドラなどなど、全てを1画面に収める構成になっています。

画面左側に情報が入ってくる分、手牌はやや画面の右側に寄せるように映しています。

左上に全員分の捨て牌が表示され、どれが誰の捨て牌かわかるようにテロップで表示(親は黄色で表示)。

左下に選手の表情を、右下に選手名と所属団体を表示して、今が誰の手番なのかがわかるようになっています。

あらかじめどこに何を映すか、画面構成を計算に入れているため、このような画角になっているのですね。

非常に多くの情報が詰め込まれていますが、見づらくならないよう、工夫がなされています。

行き当たりばったりは動画コンテンツの撮影においてはNGです。

 

 

全ては選手の思考を伝えるために。麻雀の匠 ひなたんの麻雀するしない

参考:【麻雀の匠 松本吉弘】トッププレイヤーの思考に迫る【#2】

最高位戦日本プロ麻雀協会所属の日向藍子プロがMCの番組、ひなたんの麻雀するしない。

麻雀の匠はその中の企画の一つで、麻雀界のトッププレイヤーの思考をまるまる一半荘分届けようという試みです。

参考:【麻雀の匠 松本吉弘】トッププレイヤーの思考に迫る【#2】

目的が「プレイヤーの思考を届ける」というところにフォーカスしているため、他の対局動画とは画面構成が大きく違います。

まず画面左側に捨て牌盤面を大きく映しています。

これにより、場況がとてもわかりやすくなっています。

手牌は画面右下に、右上に点棒状況などの情報がまとまっています。

 

参考:【麻雀の匠 松本吉弘】トッププレイヤーの思考に迫る【#2】

スペースの都合もあるのか、点数の下2桁はカットされていますね。

画面を構成する上で不要な部分はカットしていくことも重要です。

 

参考:【麻雀の匠 松本吉弘】トッププレイヤーの思考に迫る【#2】

そして画面右中央にはプレイヤーとMCである日向藍子プロの表情+テロップが入ります。

このように対局そのものを見せるのか、思考の解説に重きを置くのかで画面構成は変わってきます。

 

 

シンプルイズベスト? カメラ1〜2台構成

最もシンプルに動画を撮りたいなら、カメラ1台でもできます。

参考: 【名古屋サンマ 東3局】名古屋独自ルールの三人麻雀の対局動画【#3】

とはいえ、やはりこの構成だと卓上の伝えたい情報が決して見やすいとは言えず、テロップやナレーション等で補足する必要があり、あとあとの編集作業が大変になってきます。

カメラ1台だと、麻雀対局動画として情報不足な面はやはり否めません。

最低限、盤面と主役となる人の手牌を映すカメラの2台はあるといいですね。

企画次第ではこの構成でも面白い動画はできるので、やはりいちばん大事なのは「企画」です。

 

どんな対局動画したいのか? 画角の種類を決める。

まず最初にどんな対局動画したいのか?

それを明確にしておく必要があるでしょう。

正統派の対局動画を作りたいのであれば、人数分の手牌を映せるようにしておくのが必須で、4人麻雀なら4台のカメラが必要です。

 

シンデレラリーグのように一画面にたくさんの情報を収めたいなら、画角の調整は必須。

間違えてしまうと、あとから修正が効かないので必ず最初に決めておきましょう。

 

撮影を行うとき、最も大事なたった一つのこと

カメラを使う時、最も気をつけないといけない事が一つあります。

 

それは場所の問題。

 

三脚を立てて撮影を行う場合、当然それだけスペースを使います。

雀荘等にお願いして撮影を行う場合、他のお客様の邪魔になる可能性があります。十分に配慮して撮影を行いましょう。

オススメはサイドテーブルにミニ三脚を立てて、スマホで撮影する方法です。

これならスペースを必要以上に使うことはありません。

そもそも場所によっては撮影自体がNGな場合もあるので、撮影をしたい場合、事前に必ず店舗責任者に許可を取りましょう。(これが一番大事)

 

まとめ

いかがでしたか?

対局動画づくりのポイントを実際の番組を例にして紹介していきました。

動画づくりで何よりいちばん大事なのは、あらかじめ決めておくこと。

つまりは企画です。

最初にどういう動画にしたいかを決めておかないと、撮影現場で混乱しますし、あとあとの編集作業に影響が出ます。

撮影した動画素材が企画に合わず、使えなかったりすると最悪撮り直しになることも。

今回紹介した動画を参考に、自分たちの撮りたい動画が何なのかしっかり決めた上で撮影に臨みましょう。

それでは!!

 

スポンサーリンク

YouTubeはじめました。チャンネル登録よろしくお願いします。

自宅でも麻雀を楽しもう!