みなさんこんにちは。

3月30日に名古屋の栄・伏見の雀荘、LIVINGさんで行われた大会に参加してきましたので、その様子を紹介します。

目的はこの大会にプロとして参加する山本拓哉ことやまたくさんをやっつけるため。

▲この人がやまたくさん

僕もそこそこ麻雀には自信があるので、いっちょ決めてやろうと思います。

スポンサーリンク




麻雀LIVINGさんの概要

▲LIVINGさんのある錦カナアンビル

店名麻雀 LIVING
住所愛知県名古屋市中区錦2-12-21 錦カナアンビル6F
最寄駅地下鉄東山線 伏見駅
TEL 090-2182-2557

東山線伏見駅東改札口を出る→伏見地下街を真っ直ぐ直進し、突き当たり左出口(E出口)を出る→出口を出た後、すぐ見える一つ目の信号(錦通本町)を左折→直進し、一つ目の信号を左折したら、すぐに右手が錦カナアンビルとなります。

 

3/30 LIVING 大会 ゲストプロ

山本拓哉プロ

やまたくこと山本拓哉プロ。

最近麻雀の調子がイマイチらしい。

連盟中部のリーグ戦ではBリーグに降級してしまった。

鳴きを多用する麻雀スタイル。

今日の標的になっているとも知らず、気さくに写真撮影に応じてくれました。

覚悟してください。

 

堤文吾プロ

日本プロ麻雀連盟・中部リーグ Aリーグ

白いメガネがトレードマーク。

2015年プロデビュー。

彦麻呂のモノマネが趣味(らしい)。

今日はじめてお会いしましたが、この方も今日の標的に決定です。

覚悟していただきましょう。

古川先生と大橋幸正プロも交代で大会に参加。

古川先生のサーフィン打法に惑わされないように気をつけたいと思います。

 

 

そして大会開始。

大会開始前、運営として準備をする古川先生と大橋プロ。

 

最初に古川先生からあいさつをいただき、大会開始です。

 

▲当日の対局の様子

ルールは日本プロ麻雀連盟公式ルールで行われました。

一発裏ドラがなく、30000点から浮いてるか沈んでるかが重要になってくるルールです。

ルールの詳細はコチラ

Mリーグのように順位によって固定のボーナスポイントが付くのではなく、30000点浮きが何人いるか、沈みが何人いるかで、ポイントが変わってきます。

 

1位2位3位4位
一人プラス+12P△1P△3P△8P
二人プラス+8P+4P△4P△8P
三人プラス+8P+3P+1P△12P
四人マイナス+8P+4P△4P△8P

管理人はふだんMリーグルールに近いルールばかりで打っているので、いつもと違うルールに不安はありますが麻雀は麻雀です。

なんとかなるでしょう。

 

1回戦

1回戦は古川先生と同卓。

鳴きを多用し、まるで波にのるかのように打ち進めることから、そのスタイルはサーフィン打法と呼ばれています。

序盤は静かな展開でしたが、オーラス30400点持ちのところから、500/1000を他家にツモアガリされ、100点沈まされるという痛恨の3着。−4.1pt

次の半荘での巻き返しをはかるべく気合を入れ直します。

 

2回戦

入れなおした気合は虚しく空回りし、ただただ人のアガリを見て点棒を支払うだけの係となる。

親のダマ12000点に放銃するなど、今大会全参加者中、1半荘における最多マイナススコア−33.2ptを叩き出し、放心状態に。total−37.3pt

 

3回戦

最多マイナスを叩いても動じないのが、今の管理人。

ひたすら鳴き散らかして、1000/2000×3回のアガリで見事+18.4ptのトップに。

マイナスの半分くらいを取り返す。total−18.9pt

 

4回戦

4回戦の卓組は3回戦終了時のスコアが近い人から同卓となります。

3回戦でトップをとったものの、2回戦のマイナスがあまりにも大きかったため、やまたくさんはおろか、他の参戦プロと同卓する事は叶いませんでした。

無念です。

せめてマイナスを少しでも減らそうと奮闘するも、トップに届かず+6.5ptの2着でフィニッシュ。

やまたくさん他、プロの方をやっつけるつもりが同卓できず(古川先生以外)、ただただ自身が他の人にやっつけられて終わるという結果となりました。無念です。

▼▼▼最終結果はコチラ▼▼▼

total−12.4pt 16位

 

最後に古川孝次プロから、今回の大会のまとめ

▲左:古川孝次プロ 右:今大会優勝者・伊藤昭さん

3月30日、LIVINGで日本プロ麻雀連盟公式ルール、通称Aルールの大会が行われました。

山本拓哉プロ、堤文吾プロ、大橋幸正プロ、そして私、古川のプロ4名と、アマ21名の6卓での開催となりました。

参加されたみなさま、本当にありがとうございました。

成績は以下のとおりです。

  • 優勝 伊藤昭さん
  • 準優勝 向井翔二さん
  • 第3位 高森淳子さん
  • 最多打点賞 戸塚直樹さん

私古川と大橋プロは人数の都合上、ペアとして参戦し、1半荘ごとに交代で打ち、記録には残りませんでしたが、4位という結果となり、プロとして面目躍如はできたかな、といったところです。

 

以前には久屋大通の麻雀Peaceで半年ほどノーレート麻雀と健康麻雀をやっていましたが、2月の半ばから場所をここLIVINGに変えて、多くのみなさまに麻雀を楽しんでいただいております。

 

以前から変更となっている部分もありますが、引き続きごひいきのほどよろしくお願いいたします。

 

まとめ

というわけでLIVINGさんで行われた大会に参加してきました。

最初の目的はやまたくさんをやっつけるために参加したわけですが、ふだんと違うルールで麻雀を打つことで、いつもは考えないような選択を考えたりする局面もあり、いろいろ発見できたこともあってとても楽しかったです。

 

▲イマイチな結果に終わり悔しがる堤文吾プロ

▲こちらもイマイチな結果に終わり悔しがる山本拓哉プロ

 

ぜひまた挑戦してみたいなと思いました。

それでは!

スポンサーリンク

自宅でも麻雀を楽しもう!