みなさんこんにちは。

ついにMリーグも初年度が終了し、初代チャンピオンが決定いたしました。

麻雀界にとって革命的ともいえる出来事だったMリーグの発足。

 

麻雀対局の新たな観戦スタイルとしてパブリックビューイングも開催され、新たなファン層を獲得しました。

他者の手牌など、一部の情報が見えないことがゲーム性の大前提である麻雀の性質上、対局場とは別の会場での観戦となりますが、その興奮はまさにスポーツ観戦さながらの熱気!!

筆者も一度東京へ行き、パブリックビューイングに参加させていただきましたが、選手の一打一打に一喜一憂し、推しチームの選手がアガれば歓声が沸き起こり、放銃すればため息が漏れるなど、麻雀観戦の面白さを肌で体感することが出来ました。

反面、現状パブリックビューイングは東京の対局場近くの会場での開催しかなく、地方在住の麻雀ファン、Mリーグファンにとっては、交通費や移動など、ややコストが高くなってしまうのが悩みのタネでした。

 

「地方でもパブリックビューングが開催されたらなあ」

 

「友達や仲間と一緒にお酒でも飲みながら興奮と感動を味わいたいなあ」

 

そんなふうに考える麻雀ファン、Mリーグファンの方もいらっしゃることでしょう。

 

この広い愛知県のどこかに…

 

例えば一宮市あたりで…

 

パブリックビューイングの開催が…

 

ありました!!

 

スポンサーリンク




3/24 Mリーグ パブリックビューイング in 愛知県一宮市 開催概要

ということで愛知県一宮市で行われたMリーグ ファイナルシリーズのパブリックビューイングに参加してきました!

開催日時3/24(日)15:00〜21:00(予定)
開催場所オリナス一宮(〒491-0859 一宮市本町2丁目4番34号)
JR東海道本線 尾張一宮駅 から 徒歩約5分
名鉄一宮駅 から 徒歩約5分
一宮市役所のとなり
入場料 3000円
最大人数 100人

 

なんとも荘厳な雰囲気の会場。

対局の開始を今か今かと待ちます。

今回行われたパブリックビューイングはコナミアミューズメントさんの協力の下、一宮麻雀PV実行委員会が開催。

 

コナミアミューズメントさんは実は愛知県一宮市に本社があるということで、まさに地元開催といえる今回のパブリックビューイングでは、コナミ麻雀格闘倶楽部のスティックバルーンも配られました。

 

日本プロ麻雀連盟・中部本部の小野雅峻プロ羽川えりかプロも運営として参加されていました。

 

羽川えりかプロは、司会進行を担当。

こういった仕事は初めてだそうで、やや緊張気味?ながらも会場利用の際の注意事項などを会場のみなさんに伝えます。

 

プロによる現地実況&解説も!

 

実況は最高位戦日本プロ麻雀協会所属のまりえってぃこと、相川まりえプロ。

 

そして解説は日本プロ麻雀連盟・静岡支部長の望月雅継プロがそれぞれ担当。

 

モニターは中央のメインスクリーンの他に、

 

両サイドに後ろの方も見やすい用にサブモニターを設置。

 

そして対局開始とともに、いよいよ一宮パブリックビューイング開始です。

 

数々の配信対局で実況を担当してきたまりえってぃ。さすがの実況です。

 

ベテランで選手たちのこともよく知る望月プロの解説はよどみがなく、ベテランプロならではのマニアックな解説や、選手たちのマル秘トークも?

 

当日のお楽しみとしてビンゴイベントも。

選手たちがアガった時のアガリ牌がビンゴカードにあった場合、印をつけて1列揃ったら見事ビンゴ。

 

ビンゴ達成者には麻雀格闘倶楽部の3選手のサインなど、さまざまなグッズがプレゼントされました。

 

対局の合間にはなんとリアルタイムで麻雀格闘倶楽部の選手たちとのLINE通話も!!

これは嬉しいサプライズ。

 

これには来場されたみなさんもこの盛り上がり。

 

対局中はみな固唾をのんで見守ります。

誰かがテンパイすると歓声が起こったり、誰かが放銃すれば落胆の声が聞こえてきます。

こういった光景はまさにパブリックビューイングならでは。

とくにこの日はEX風林火山・滝沢和典選手の、ポイント差を意識したアガらずの選択などもあり、これぞまさに終盤戦といった展開に場内は大興奮。

 

そしてこの日一番の歓声は2回戦南2局、その終盤に起こりました。

前原選手が先制リーチの滝沢選手に当たり牌の⑥⑨ピンを掴んで一度は形を崩しますが、見事使いきって
③④⑤⑥⑥⑧⑨三四五567の形でリーチ。

先制リーチの滝沢選手が⑦を一発で掴み放銃となったシーン。

これには場内、割れんばかりの大歓声!!

 

残念ながら会場の利用時間の関係で3戦目の途中でパブリックビューイングは終了となってしまいましたが、みなさん興奮冷めやらぬといった様子で会場を後にしました。

 

まとめ

いかがでしたか?

3/24に愛知県一宮市で開催されたMリーグ・パブリックビューイング様子をレポートしました。

テンパイでどよめき、放銃すれば落胆し、アガリが出れば大歓声、というまさにパブリックビューイングならではの興奮を楽しむことが出来ました。

終盤戦ならではの、通常の展開とは違う選択もあり、ハラハラドキドキの対局は一時も目の離せないドラマの連続でした。

地方開催パブリックビューイングを望む声は筆者のまわりでもチラホラ聞かれ、筆者自身も望んでいたので、今回の開催はとても嬉しかったです。

3/30、赤坂ドリブンズの優勝で幕を閉じた2018Mリーグ。

また来期、今回のように一宮でパブリックビューイングが開催される構想もあるそうなので、とても楽しみです。

会場近くに美味しいラーメン屋さんもあったので、ぜひまた同じ会場で開催してほしいなと思いました。

つけ麺らーめん専門店 麦の道 すぐれ

スポンサーリンク

自宅でも麻雀を楽しもう!