みなさんこんにちは、ペッシです。

間違えました、管理人です。

みなさんはグッドプレイヤーズクラブ、通称GPCってご存知でしょうか?

GPCとは?
https://goodplayersclub.com/about/

麻雀漫画で多数のヒット作を持つ片山まさゆき先生代表として、

そして「メンチンのバビィ」こと馬場裕一氏副代表をつとめています。

 

 

麻雀というゲームは4人で楽しむものであり、決して1人ではできません。(ネット麻雀やればというツッコミはナシでお願いします。)

当然1人のワガママや勝手はゲームの進行のみならず、楽しい雰囲気も台無しにしてしまいます。

そんな麻雀というゲームでとても大切なこと。

 

それは「グッドプレイヤー」であるということです。

 

しかし、「言葉」「グッドプレイヤーたれ」と言われても、その本質を理解できたとはいえません。

やはり「心」で理解できなければ、「黄金の精神」には到達できないでしょう。

こういったことを理解するにはやはり黄金体験ゴールドエクスペリエンスするしかありません。

ということで行ってきました!

「参加する」と心の中で思ったならッ! その時スデに行動は終わっているんだッ!

 

スポンサーリンク




7/22 開催の GPC 名古屋リーグ第3節に行ってきた!

会場は名駅の雀荘「ひまわり」さん

ひまわりさん 3階の禁煙フロアでGPC 名古屋リーグ第3節は開催されました!

ひまわりさん詳細

店名フリー麻雀 ひまわり
住所〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-22-17
中央ビル2F・3F・4F(3フロア)
電話052-582-8805
交通手段名鉄名古屋本線 名鉄名古屋駅 徒歩2分…383m
名古屋市営地下鉄桜通線 国際センター駅 徒歩6分…375m
ミヤコ地下街4番出口より徒歩約2分
営業時間9:00~24:00
定休日年中無休
営業内容フリー、セット
ゲーム代(フリー)¥400/般 [東南戦/1回]
ゲーム代(セット)¥400/般

一般
4人打ち:1600円/1時間
3人打ち:1200円/1時間
女性・学生(一人でも該当者がいればOK)
1000円/1時間

 

当日参加されたプロのみなさま

運営
日本プロ麻雀連盟 中部本部 32期生・岡田智和プロ(左)

日本プロ麻雀連盟 29期生・高橋侑希プロ(右)

 

当日ゲスト
日本プロ麻雀連盟 中部本部 34期生・羽川えりかプロ(左)

日本プロ麻雀連盟 中部本部 34期生・第32期新人王・日高志穂プロ(右)

 

日本プロ麻雀連盟 中部本部 30期生・都築友和プロ

 

最高位戦日本プロ麻雀協会40期後期東海C3 足立正秋プロ

 

参加してきたので当日の流れをつらつらと書いていく

まず最初に受付を済ませ、スコアを記入する紙とマナーについて書かれたテキストをもらいます。

マナーについてのテキストは毎回違う内容が書かれているようで、今回は同じ内容の注意でも言い回しが違えば相手に与える印象は大きく変わるというお話。

麻雀はコミュニケーションも大事なゲームですから気をつけていきたいですね。

 

テキパキと運営をこなす岡田プロと高橋プロ。

とどこおりなく対局は開始されました。

 

管理人の対局ダイジェスト

1半荘目

初戦から都築プロと同卓。
管理人の下家の人が少し離れたトップ目で東場を終える。

南入し、都築プロとは微差の3着目。

南2局、都築プロに1人ノーテンを突きつけ管理人が2着に浮上。

そしてラス前、供託を奪うべく管理人は華麗に仕掛けを入れていく。

しかし無情にも都築プロからリーチが入る。

あがられたらキツくなってしまうし、こっちもテンパイしてるから押し。

プスっと刺さり3900は4500の放銃。

オーラス都築プロがホンイツの仕掛けを入れ、見事トップ目から直撃。

都築プロがトップで終了。

管理人は3着。

 

2半荘目

東場の親番で管理人の猛連チャンが炸裂!

子方からのリーチを見事な仕掛けでスルスルかわして加点。

東2局3本場、二軒リーチが入り、テンパイからドラの東を掴んで白の対子落としで回るも次巡その東を重ねるミラクル。テンパイし直す。

結果、見事二軒リーチをかわしアガリ切り、50000点近いトップ目に。

途中羽川プロに8000放銃でヒヤリとする場面も。

オーラス羽川プロのリーチに対し、すでに仕掛けを入れている下家さんにアシストすることで華麗に局面をコントロール。下家さんが羽川プロに放銃。管理人は見事トップに。

自身の見事な打ち回しにしばらくの間ウットリする

 

3半荘目

ゲストプロと同卓できなかった怒りを爆発させたシゲさんが強烈なアガリを連発。

その強烈なアガリの嵐に不本意ながら巻き込まれる形となり、見事ラスに。

 

3半荘目と4半荘目の間に当日撮影したゲストプロの対局風景をみんなで見る。

参加者のみなさんからの質問や先輩プロのツッコミも入り、新人の羽川プロと日高プロもタジタジに。

管理人が羽川プロと同卓していた対局も取り上げられ、最終戦へのテンションを高める。

新人の二人をあたたかな笑顔で見守る都築友和プロは、まるでお父さんのよう。

 

そして運命の最終半荘

高橋侑希プロと同卓。

気合い充分で臨んだはずが、いろいろミスってみんなのATMに。

しかしなんとか13002600ツモで3着浮上という点差まで持ち直す。(というか別にアガって無いけど他のみなさんの点棒移動の妙で勝手にそうなった。)

 

オーラス西家・管理人、最後の配牌

ドラ:マンズじゃなかったことだけ覚えている。

 

ドラも何もない手牌だが、マンズのホンイツにでもなればだいたい13002600になるだろと思い(えっ?)、積極的に仕掛けを入れる。

 

 

 

 

そして見事ホンイツにもならない役無しのゴミのようなカン8ソーのテンパイに。

すると西が出たのでポンして単騎待ち、見事な役ありテンパイに。(1300点)

 

 

 

 

マンズか字牌を引けば思惑通りのホンイツに!

しかし無情にも高橋プロが5マン切りリーチ。

絶望に打ちひしがれる管理人。

ん、5マン…?

 

 

……

 

………

 

…チー

 

いま出た5マンを鳴いて5マン単騎のテンパイ…!

 

 

これは…

 

 

でるやろなぁ(棒読み)

 

 

出てしまうやろなぁ(棒読み)

 

 

今鳴いた牌の待ちやもんなぁ…(棒読み)

 

 

次巡ツモ(ド無スジ)

 

 

……

 

………

 

(ツモギリっ)

高橋プロ「ロンっ」

 

 

……

 

………

 

 

 

そして結果発表へ

全4半荘の対局を終えると、結果発表が始まります。

GPC名古屋では上位の方の表彰の他にその日のグッドプレイヤーの選出があります。

選出に関してはその日のゲストプロの方が選出します。

麻雀の内容ではなく、いかにマナーの良いグッドプレイヤーであったかどうかが選出の基準となります。

この日見事に選ばれたのは名古屋では有名なアマチュア雀士であるカズマさん!

いつもにこやかで元気の良い発声と若々しいファッションが特徴のまさにグッドプレイヤー。

文句なしの選出です。

 

まとめ

こうしてGPC 名古屋リーグ第3節は大盛況で終了しました。

最後に羽川プロとお話する機会があり、グッドプレイヤーの選出について、なんとカズマさんと管理人のどちらかが候補だったと嬉しいお言葉を!

最終的にはカズマさんが選ばれましたが、あの有名なカズマさんとグッドプレイヤーを競えたという事実はある意味で、もはや勝ちみたいなものでしょう。

 

「楽しく打てればみな勝者」

 

GPCにはこのような言葉があります。

どこかに自分が楽しめるポイントを見いだせて、参加されたみなさんと麻雀を通じて楽しく交流できればそれでいいのです。

結果など2の次。

グッドプレイヤーとは何なのかが「言葉」でなく「心」で理解できた!

これからもこの黄金の精神を持ちつつ、麻雀を楽しんでいきたいと思った1日でした。

それではまた!アリーヴェデルチ!!

http://jojo-animation.com/

スポンサーリンク

自宅でも麻雀を楽しもう!