みなさんこんにちは。

突然ですが静岡ってイイところですよね。

静岡県とは?
静岡県しずおかけんは、太平洋に面する日本の県の一つ。県庁所在地は静岡市。中部地方及び東海地方に含まれる。
引用元: wikipedia

 

 

9/1のSMN CUPにはそんな静岡に縁のある人達が来てくださいましたよ!

早速紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク




日本プロ麻雀連盟・古橋 崇志プロ

古橋 崇志(ふるはし たかし、1985年3月20日 – )は、競技麻雀のプロ雀士。静岡県浜松市出身、血液型A型、日本プロ麻雀連盟所属(現在、同団体内での段位は四段)。
引用元: wikipedia

連盟チャンネルの実況でおなじみの古橋 崇志プロ。

声がとても特徴的で聴きやすく、麻雀ファンなら一度はその声を耳にしたことがあるでしょう。

古橋 崇志プロについて書かれたブログはコチラ

 

日本プロ麻雀連盟・静岡支部長・望月雅継プロ

望月雅継プロとは?
第23期鳳凰位、日本プロ麻雀連盟・静岡支部長。静岡・浜松の雀荘Lookupを経営。

望月雅継オフィシャルブログ

なんと今回は日本プロ麻雀連盟・静岡市部長であるハネマンベースの望月雅継プロにもSMN CUPに来ていただきました!

望月雅継プロといえば第23期鳳凰位を獲得したことでも有名であり、地元浜松にて麻雀の普及や発展に尽力されてきた方です。

日本プロ麻雀連盟の静岡支部も望月雅継プロが苦労の末、立ち上げられたもので、今回一緒にゲストに来られた古橋プロも静岡支部からその麻雀プロ人生をスタートさせたプロの一人です。

 

日本プロ麻雀連盟・中部本部・山本拓哉プロ

通称やまたくさん

このやまたくさんも静岡がきっかけとなったプロの一人。(所属は中部本部)

やまたくさんは第12期静岡プロリーグ優勝、そして第28期静岡リーグ優勝と同時に2つのリーグで優勝。

これを2つ同時に取ったのは10年近い静岡の歴史では初!

中部本部でも現在Aリーグで活躍中のやまたくさん。

いつもいるからありがたみが無いような感じもしてますが、実はスゴイ人だったんです!

 

9/1のSMN CUPは以上3名のゲストを招いて開催されました!

 

9/1のSMN CUPを写真で振り返る。

恒例のゲストプロの皆さんによるあいさつからSMN CUPはスタートします。

 

初心者の方も多く参加されるSMN CUP。

和やかな雰囲気です。

 

かくして対局が始まります。

 

ハネマン王国静岡からのゲスト刺客とあって、プロのみなさんは次々にハネマンクラスのアガリを連発します。

 

なんだったら大会中の対局を古橋プロに実況してもらいたい、なんていう声も?

 

望月プロは対局と対局の合間に参加者のみなさんからの質問などににこやかに答えてくださっていたのが印象的でした。

 

静岡をキッカケに名前を売ったやまたくさん。

尊敬する望月プロの前でいいところを見せようと気合充分です。

 

果たして結果は…?

さてさて気になる順位は以下のとおり

  • 2位 みんぴぃさん +114.3pt
  • 3位 なぎさん +105.9pt
  • 4位 グッチさん +54.3pt
  • 5位 水野さん +53.4pt

1位の発表をもったいぶるこのパターン…

つまりプロの方が優勝したというおなじみのパターンですね。

9/1SMN CUP優勝は…

 

 

 

 

 

山本拓哉プロ +208.1pt!!

2位以下に圧倒的な差をつけ、ぶっちぎりの優勝でした!

つおい!

 

まとめ

いかがでしたか?

本日来ていただいた望月プロは地元静岡・浜松を中心に麻雀の普及に尽力されている方で、日本プロ麻雀連盟の静岡支部を立ち上げた方でもあります。

本日来ていただいた古橋プロや山本拓哉プロも静岡での活動が現在のプロ活動の礎になっています。

そんな望月プロは静岡県浜松市でLookupというお店を経営されています。

https://mj-king.net/tempos/view/8291


王位戦の予選やGPC静岡の会場になったり、競技麻雀打ち放題などのイベントもあるので気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

今後のSMN CUPの予定は?

SMN CUPは今後もたくさんのプロの方にゲストとして来ていただく予定です。

 

今回のSMN CUPをマンガでレポートしてくださった参加者の方も。

ゲストプロとの交流を楽しんでいただけたようで嬉しいです。

 

麻雀プロのファンの方々はもちろん、

SMN(初心者麻雀仲間)ってなんか気になるなあ…初心者だけどいってみようかなあ、なんて思っている人も大歓迎です。

点数計算がわからなくても問題なし!

迷っている方はぜひ一度参加してみてくださいね。

※参加は上記TwitterアカウントからDMもしくはリプライをしてください。

それでは!!

スポンサーリンク

YouTubeはじめました。チャンネル登録よろしくお願いします。

自宅でも麻雀を楽しもう!