みなさんこんにちは。

早いもので2018Mリーグが終わってもう1ヶ月が過ぎようとしています。

平成という時代も終わりを告げ、いよいよ新しい令和の時代に突入します。

この平成のド終盤ともいうべき今回は、3月16日に行われたSMN CUPの様子をレポートします。

ゲストはなんとMリーグ初代王者となった赤坂ドリブンズの3名。

参加者60名超となった本大会。

さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク




3/16 SMN CUP ゲスト紹介

園田賢
赤坂ドリブンズ/最高位戦日本プロ麻雀協会

最高位戦日本プロ麻雀協会・Aリーグ所属。

2018年Mリーグ・ドラフト会議において赤坂ドリブンズより1位指名を受ける。

開幕当初こそ、他の選手と比べ知名度はなかったものの、シーズンが進むにつれ、麻雀における引き出しの多さ、多彩な仕掛け、繊細な押し引きのバランスなどなど、その持ち合わせた雀力を遺憾なく発揮し、躍動。

その選択がまるで魔法のように上手くハマることから、「魔法使い」「麻雀賢者」などと呼ばれた。

  • Mリーグ・ドラフトにおいて最初に名前を呼ばれた男。
  • Mリーグで最初にアガった男。
  • Mリーグで最初にトップを取った男。

などなど、実力のみならず、「何か持ってる」感も見せつけた。

 

村上淳
赤坂ドリブンズ/最高位戦日本プロ麻雀協会

第35・第39・第42期 最高位。

最高位戦日本プロ麻雀協会・Aリーグ所属。

赤坂ドリブンズより2位指名を受ける。

「リーチ超人」の異名を持ち、愛称は「ずんたん」。

リーチに重きをおく打ち手で仕掛けは少なく、守備が堅い。

また対局における発声がとてもハッキリとしていて特徴的。

リーチが「リッチ」と聞こえることは有名で、村上プロのファンはこれを心待ちにしている。

Mリーグのレギュラーシーズンにおいては結果がなかなか出ず、苦しい時期が続いたが、3月2日のファイナル2回戦において悲願のトップを獲得し、インタビューで涙を見せる。

その姿に多くのファンが心を打たれた。

 

鈴木たろう
赤坂ドリブンズ/日本プロ麻雀協会

第9・11・12・13期 雀王

日本プロ麻雀協会・Aリーグ所属。

赤坂ドリブンズより3位指名。

Mリーガー21名中唯一、3チームより重複指名される。

常識にとらわれない打牌選択や、その強さから「ゼウス」の異名を持つ。

その打牌は「ゼウスの選択」と呼ばれ、しばしば見るものを驚かせてきた。

アガリに貪欲で、かつ自由奔放な印象の雀風。

2012〜2014年には自身の所属する日本プロ麻雀協会の最高峰タイトル「雀王」史上初の3連覇するなど、その強さは現役最強との呼び声も高い。

 

以上、赤坂ドリブンズ所属の3名(+越山監督)をゲストに迎えてSMN CUPは開催されました!

 

3/16 SMN CUPダイジェスト

この日はSMN CUP初となる60名を超える方々にご参加いただきました。

場所は名駅からすぐ近くにある雀荘の琥珀さんで開催されました。

東海地区最大規模となる45卓設置のセット専門の老舗の雀荘です。

麻雀琥珀
http://www.kohaku-mahjong.com/

 

まずは選手3名からごあいさつをいただきます。

 

対局開始前にルールを確認する皆さん。

SMN CUPのルールは基本的にはMリーグルールと同じですが、50分打ち切りの時間制限(終了アナウンス時に牌山が上がってなければ終了。上がっていればその局で打ち切り)があることや、アガリ連荘(親テンパイは親は流れる)であることなど、違いもあります。

全5半荘のトータルスコアを競います。

 

対局開始前、ゲストと幸運にも同卓できた方はMリーガーとのトークタイム。

これはまさに抽選に選ばれたものの特権といえますね。

うらやましい。。。

 

対局開始前、精神を統一?している園田プロ。

 

写真撮影?に応じる鈴木たろうプロ。

ニッコニコの笑顔がステキです。

 

なんやかんやで対局は始まりました。

 

リーチ超人の異名をとる村上淳プロ。

この日は仕掛けも駆使してアガリを狙いに行きます。

 

対局中もニッコニコのたろうプロ。

 

ゼウスの麻雀を間近で見られるとあってか、参加者の皆さんも興味津々。

対局の終わった方々が代わる代わる観戦されていました。

 

Mリーグでの活躍により、一躍その知名度を上げた園田賢プロ。

この日も軽快にアガリを重ねていきます。

 

対局中はMリーグでも見せたような真剣な表情もあれば、

 

時に笑顔も。

この笑顔が好きだというファンの方も多いのでは?

 

こちらはたろうプロ。

ホンイツに手変わる前に二索単騎をツモってしまったのでツモ切って、ホンイツトイトイを狙ったものの、他家にアガられてしまいしょんぼり?しています。

 

どこまでも貪欲なゼウス。

アガれはしなかったものの、いつものニッコニコの笑顔に。

 

こちらは村上淳プロ。

加カンも入れて、すでにテンパイか?

祈るようにツモ番を待ちます。

 

今度は得意の「リッチ」。

結果はどうなったのでしょうか?

 


無事にアガれました。

チートイツのアガリです。

 

当日ファンサービスの様子

この日の参加者は60名超とあって、赤坂ドリブンズのお三方はサインに写真にと大忙し。

SMN CUP主催のうめ吉さんもちゃっかりずんたんと記念撮影。

 

そしてこの後も対局は進み…

なんやかんやで全5回戦の対局が終了しました!!

 

結果発表

さて3/16 SMN CUP結果発表です。

  • 1位 つよぽんさん
  • 2位 山P さん
  • 3位 YUTA さん
  • 4位 まな さん
  • 5位 アイ さん

赤坂ドリブンズの選手の皆さんは

 

12位 鈴木たろうプロ

24位 村上淳 プロ

27位 園田賢 プロ

 

 そして越山監督が29位という結果でした。

上位入賞のみなさまおめでとうございます。

 

まとめ

いかがでしたか?

赤坂ドリブンズの3選手(+監督)を招いてのSMN CUPゲストレポートでした。

 

Mリーグファイナルにおいて、圧倒的な強さで優勝した赤坂ドリブンズ。

 

3/16時点でかなり優勝に近い位置にいたものの、まだ逆転される可能性も充分に残っていましたが、フタを開けてみれば圧勝という結果に。

 

開幕当初から優勝候補筆頭として挙げられることも多かった赤坂ドリブンズ。

この日選手たちと同卓できた方々は、その強さの一端を直に感じることができたのではないでしょうか?

SMN CUP初の大会規模として、いつもの倍以上の参加人数の60名超が集った今回。

初心者の方や女性の参加者の方も多く参加していただき、Mリーグの影響力の大きさを肌で実感することができました。

SMN CUP初心者麻雀仲間の名前のとおり、初心者でも参加しやすい雰囲気作りを大事にしています。

点数計算できないという方にも、運営がサポートいたしますし、常連の参加者の方々もとても優しい方ばかりなので、安心して麻雀を楽しんでいただけると思います。

興味を持たれましたら、下記のTwitterアカウントから情報を発信していますので、ぜひともフォローをお願いいたします。

SMN【初心者麻雀仲間】Twitterアカウント

大会だけでなく、名古屋を中心に麻雀オフ会も開催していますので、ぜひご参加ください。

それでは!

スポンサーリンク

自宅でも麻雀を楽しもう!